耐震性を高めるために|住宅メーカーや松井産業のような工務店で耐久性の高い家を注文する
玩具の家

住宅メーカーや松井産業のような工務店で耐久性の高い家を注文する

耐震性を高めるために

ハウス

耐震基準を知っていますか

福岡西方沖地震を経験した福岡では、耐震性の高い注文住宅が人気となっています。警固断層が活動すると最大震度7の揺れが起きると考えられており、多くの方が大地震に耐えられる住宅を希望されています。しかし、耐震性の高い注文住宅とは、どのような住宅を指すのか理解されている方は多くはないようです。後で後悔しないために、耐震性について理解することが重要です。建築基準法は、1981年に大改正が行われました。非常に大きな改正であったため、これ以降の耐震基準は新耐震基準と呼ばれています。その耐震基準を満たした住宅は、耐震等級1から3に区別されます。耐震等級1は、耐震等級を満たしていることが条件です。耐震等級2は耐震等級1の1.25倍の耐震性があり、耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の耐震性があります。耐震基準を満たしているからと言って、全ての住宅が同じ耐震性能ではないのです。

構造によって異なる揺れ

同じ耐震等級であったとしても、大地震の際に感じる揺れは異なります。住宅の構造により感じる揺れが異なり、構造は主に3つに分けることができます。より大地震に備えたい方は、揺れを抑える構造の注文住宅を選ぶといいでしょう。福岡で最も普及しているのが、耐震構造の注文住宅です。住宅の構造を強化することで、地震の揺れに耐える造りになっています。99%の住宅が耐震構造であると言われており、建築費が最も安いことが特徴です。建築費は高くなるものの、耐震構造より揺れを抑えるのが制震構造です。壁内や柱にダンパーを備えた制震構造は、建物内で揺れを吸収する造りになっています。さらに揺れを抑えるのが、免震構造です。建築費が非常に高価であるほか、一戸建てには不向きである構造です。福岡で注文住宅を建てる際には、耐震構造か制震構造かで選ぶといいでしょう。