後悔しないための資金計画|住宅メーカーや松井産業のような工務店で耐久性の高い家を注文する
玩具の家

住宅メーカーや松井産業のような工務店で耐久性の高い家を注文する

後悔しないための資金計画

女性

資金計画を立てよう

福岡で注文住宅建築を検討している方は多いのではないでしょうか。人口が増加している福岡では、住宅建築数が堅調に推移しています。多くの方が満足できる注文住宅を建てていますが、残念ながら後悔される方もいらっしゃいます。その差を生み出しているのは、資金計画の有無です。いつどのくらいのお金が必要になるのか、どれくらいの自己資金であれば余裕のある生活を送れるのかなど、事前にしっかりと資金計画を立てるようにしましょう。まずお金が必要になってくるタイミングを知るようにしましょう。福岡で注文住宅を建てる際には、土地を探す必要があります。土地を見つけ契約する際には、手付金や申込金が必要です。また、地盤調査を行なう場合には、地盤調査費も必要になってきます。

住宅完成後にも費用が発生

土地の契約を終えた後は、注文住宅の工事請負契約を結ぶ必要があります。工事請負契約書時には契約金が必要になるほか、印紙税も必要になってきます。また、設計事務所にデザインを依頼する場合には、プラン作成費が必要になる場合もあります。その他、住宅ローンを利用する際には、申し込みに関わる費用が発生します。保証金なども必要になるため、事前に金融機関に問い合わせることが重要です。住宅が完成した後には、建築確認申請費が必要です。建築確認申請は必ず行なう必要があるため、しっかりと資金計画に建築確認申請費を計上しておきましょう。また、登記費用も必ず発生します。表題登記や保存登記、抵当権設定登記が必要になり、登録免許税と司法書士への報酬が発生します。また、不動産取得税なども必要になるため、資金に余裕を持たせることが重要です。福岡で注文住宅を建てる方は、ハウスメーカー選びよりも資金計画をまず立てるようにしましょう。